コンサルティング業界が求める人材とは

 コンサルタントへの転職を考える上で、自分がコンサルタントになれるのかという不安を感じてしまう方は珍しくありません。悩むより前に、まず業界がどんな人材を求めているのか知るところから始めましょう。

コンサルティング転職を成功させるために

コンサルタントとして、「必要な能力」とは何でしょうか?多くの方が陥りやすい間違いが、方法論や専門的な知識がなければコンサルタントになれないという誤解です。確かに入社に際して専門的な「知識」は求められますが、コンサルタントは入社前の知識だけで勝負できる世界ではありません。絶えずマーケットから求められる存在であるために、あらゆる情報や知識を貪欲に吸収し、絶えずマーケットから求められるように日々努力しなければなりません。よって、コンサルタントに必要なのは入社前の知識の深さだけでなく、コンサルタントとしての適性(人物)だと言えます。

求められる資質

特定の領域に関する専門的な知識や業務経験、人物面においては論理性やコミュニケーション能力という点は必須条件となりますが、当社が考えるコンサルタントとしての必要な能力は以下の5つです。

1.全体を俯瞰して捉える力 例えば自分の業務が企業の経営活動の中でどのような役割を担っているのか、全体の構成や他部門との関連などを捉える力です。細分化された業務を見るのではなく、全体の構造を的確に捉え、その関係や影響などを含めて理解するということ。
2.問題意識 常に疑問を持って仕事をしているかどうかということです。なぜ利益が上がらないのか、なぜコストが増えるのか、なぜ現状の業務フローになっているのかなど、常に現状を疑い、「なぜ」という問いかけをすること。
3.好奇心 コンサルティング業界は変化が激しいため、常に新しいソリューションを身に付けていくことや、マーケットの潮流やニーズに敏感に反応するためには必要な資質。
4.実現力 クライアントの成功にコミットした以上、どんなことがあっても成功に導かなければなりません。クライアントが協力してくれない、メンバーの質が低い、予算が足りない、時間がない、システムが動かないという言い訳は通用しません。何があっても実現させるという強い意志と臨機応変さが求められます。
5.ストレス耐性 精神的、肉体的に厳しい環境に耐えられるかどうかという素養は、特に近年に重視されている資質です。Webなどの適性検査や実際の面接での質問から確認している企業が多いようです。

その他の視点

素養以外にもコンサルファームの人事がチェックする箇所はさまざまです。 企業によって若干の差はあるものの、基本的にチェックするポイントは以下の通りです。

年齢 コンサルティングは年齢が上がるほど求められる仕事のレベルも高くなります。肉体面・精神面から考えても年齢が高くなればハードルは高くなり、素養だけでなく経験やスキルも重視されます。
学歴 ポテンシャル採用の場合、学力を評価対象としている企業は多く、学歴は重視される傾向があります。「優秀な大学を卒業している=地頭が良い」とは限りませんが、基礎学力が高いという観点において評価されるのです。なお、昔であればMBA保有者というだけで優遇される傾向がありましたが、最近は、どの大学のMBAを持っているかという点が重要となります。尚、基本的には大卒以上を基準としている企業が多いようです。
社歴 当然ながら、転職回数は少ないほうが評価されます。転職回数が多い場合は、その理由に一貫性があり相応の経験を積んでいるのであれば、マイナスを払拭することは可能ですが、転職回数を重視する企業は多いため、必然的にハードルは高くなります。
職務経歴 経験が浅いといっても、これまでの経験からコンサルティングに活かせるものがあればプラスとなります。例えばシステム開発経験、さらには財務・会計、ロジスティック、人事(人事制度設計など)といった業務経験や知識は評価される要素となります。現在のスキルや経験がコンサルタントとして活かせるかどうかを事前に確認し、効果的にアピールしましょう。

もっとも必要な資質とは?

上記の通り、コンサルタントに必要な資質は多くあります。しかし、もっとも大切なことは「クライアントファーストの精神」です。クライアントと密接に関わり、クライアントの課題解決に向けて全精力を注げるかどうか、机上の空論で終わらずにクライアントと共に汗を流すことができるかどうかという点が重要です。誤解を恐れずに言えば、コンサルタントはスマートな仕事ばかりではなく、泥臭い仕事が多いのです。

pageTop