コンサルタントとは?

コンサルタントとは?

近年、コンサルティングビジネスが広く認知され、就職先として学生の人気も高まっていますが、 そもそも、コンサルタントとはどのような仕事なのでしょうか。
ここでは、仕事、役割、やりがいに分けて考えてみたいと思います。

コンサルタントの仕事

一言で言えば、「クライアントの抱えるさまざまな経営課題を客観的に分析し、最適な解を導き出す仕事」です。ここで言う「解」とは、解決方法を示すだけではなく、その実行までを含みます。よって、仮説検証プロセスで課題を定義して解決方法を示すだけでなく、その課題の解決に向けてクライアントと共に実行するのがコンサルタントの仕事なのです。頭脳明晰な人たちが緻密な計算に基づいて作成した資料を基に、クライアントにプレゼンをして数億の契約を取り付ける......。それがコンサルタントの仕事だとイメージしている方もいらっしゃるかもしれません。しかし実際は非常に多岐に渡る業務があり、成果をコミットしてクライアントと共に汗を流す(実行する)という意味では、非常に泥臭い仕事なのです。

コンサルタントの仕事は「クライアントの抱える課題を解決する」という意味で医者の仕事に似ていると言われています。
仮説を立てて原因を特定し、その課題を解決するために治療を施していく。そのプロセスは、まさにコンサルタントの仕事そのものです。一般的にクライアントからの依頼の多くは悪化している箇所を特定して取り除く、もしくは改善するという西洋医学(対症療法)的なものが多いですが、最近はリスクマネジメントや戦略的M&A、さらには会計基準のコンバージェンスなど経営が悪化する前に手を打つものや法律に準拠するための対応、つまり、体の調子を整え体が本来持っている自然治癒力を引き出す、または、体が悪くないように事前に対処するという東洋医学的な依頼が増えています。 

コンサルタントの役割

まだマーケットにコンサルティングというビジネスが定着していない頃は海外の事例や方法論を クライアント向けに加工して提供するだけでビジネスが成立しました。しかし、IT技術の発達に伴って世界中のあらゆる情報を誰でも瞬時に入手できる時代になると、コンサルタントの役割は情報提供だけではなく、必要な情報を的確に選択し活用することにシフトしました。
現在のコンサルタントとしての役割を纏めると、専門的な知識、手法、ナレッジを提供する役割、客観的な立場で物事を進めるファシリテーターとしての役割、さらには改革を推進する上で不足するマンパワーの提供という役割など多岐に渡ります。ただし、クライアントが期待する役割バランスは状況に応 じて異なるため、クライアントと役割や期待についての共有が出来ていないと失敗する(俗に言うと火が噴く)プロジェクトに発展してしまう事もあります。

  • 1.専門的な知識、手法、ナレッジを提供する役割
  • 2.客観的な立場で物事を進めるファシリテーターとしての役割
  • 3.改革を推進する上で不足するマンパワーの提供

コンサルタントのやりがい

コンサルタントとしてのやりがいは何でしょうか?そもそもコンサルタントはクライアントに対してプロジェクト単位で予算、期限を明確にした上で業務を行います。請求額はコンサルタントが実際に働いた時間でチャージすることが多く、契約金額(チャージ金額)は非常に高額になります。また、クライアントの依頼内容は経営に直結するものが多く、そのプロジェクトの成功が会社の命運を左右することもあるため、 コンサルタントへの要求レベルは非常に高くなります。その期待に応えるために長時間働くことを余儀なくされたり、過度な精神的プレッシャーを受けたりすることも稀ではありません。 よって、コンサルタントは肉体的、精神的にタフでなければ務まらない仕事だと言えます。

 

では、なぜそんな大変なコンサルタントという仕事を選択する方が多いのでしょうか?それは、それぞれのコンサルタントが「やりがい」を持っているからです。コンサルタントのやりがいとは人によって多種多様だと思いますが、当社が考えるコンサルタントのやりがいとは「経営者としての視点を持ち、若い頃から経営に関わる仕事ができる」ということです。若い頃からクライアントの経営に関わるほどの大きな仕事ができるのは、コンサルタントという職業の大きな特徴です。自分なりの「やりがい」をしっかりと持っていれば、厳しい労働環境やクライアントの要求レベルの高さは自己成長の機会だと捉えることができます。ただし、そうでない方にとっては苦痛でしかありません。当社がこれからコンサルタントを目指す方にお聞きしたいのは、「なぜ、あなたはコンサルタントを目指すのか?」ということです。その「解」が自分の腹に落ちているということが、コンサルタントという職業を選ぶ上での必須条件なのです。

pageTop